新刊のお知らせ
公式に情報が出ていたようなのでこちらでも。

■タイトル 『両手いっぱいの恋』
■発売日  2015年2月上旬(アスキー・メディアワークス B-PRINCE文庫)
■イラスト 森原八鹿先生


――――の予定です。

B-PRINCE文庫さんからの初文庫となります。
森原八鹿先生の透明感あふれる優しいイラストに癒されてください(*^_^*)

お話をいただいた時からずっと「私でいいのでしょうか」感が抜けません。
なぜなら私の書く攻・受に〝Prince〟はほぼ皆無。
それでも「好きな世界をどうぞ」とおっしゃっていただいたので、
大好きな年の差ものを書かせていただきました。
楽しんでいただけたら嬉しいです。

さて今年も残すところ二日半となってしまいました。
この年の瀬に、粗忽者の私はまた包丁で指をぱっくり……(汗)
この頃多いんじゃね? とさすがに呆れる家族。
多分ね、メガネの度が合っていないんだと思う。
微妙に見ていないっていうか。
初売りでメガネ商品券を買おうかと思う、師走の一日でありました。

このような地味でなんの面白味もないブログを、
それでも時々覗いてくださる方がいらっしゃること、
本当にありがたく、嬉しく思います。
情けないことに身体も心もいっぱいいっぱいで、
どこまで走り続けられるかわかりませんが、
人生は一度きりなので自分で納得のいくところまで、
ぶっとばしていこうかと思います。

本年は大変お世話になりました。
来年もまたよろしくお願いいたします。
みなさまにとって2015年が、羊の毛のように柔らかくあたたかい年になりますように。

                                            安曇ひかる


【2014/12/29 Mon】 | お知らせ | ↑PageTop
気分はハーフハーフ。
テレビでまおちゃんが、「まだハーフハーフ」と言っているのを微笑ましく見ながら、
期待されるっていうのも大変だなあと。
やめるのか続けるのか。どちらにしても大騒ぎになるでしょう。

定年のない仕事って、そのタイミングを自分で決めるしかないんですよね。
世界中に去就を注目されている人もいれば、
誰にも気づかれずそっと消えていく人もいる。
いなくなっても誰も困らない。思い出してももらえない。

自分で決めないといけない。
もう十分頑張ったよ。やるだけやったじゃん。
お疲れさま。
そう自分に言ってやる瞬間。

自分で決めるって難しいね。

この頃気がつくと、妖怪の歌を口ずさんでいます。
アニメを見たことはないのですが、
ジバニャンのジバが地縛霊のジバだと知って驚愕。
そんなヘビーな設定だったのか!

拍手ありがとうございます。お返事です^^

>> 続きを読む
【2014/12/22 Mon】 | つぶやき | ↑PageTop
『海に天使がいるならば』本日発売です。
海に天使がいるならば


新刊『海に天使がいるならば』(幻冬舎ルチル文庫)が本日発売となっております。
書店へおでかけの際は、ちらりとお手に取っていただけたらと思います。
緒田涼歌先生の素敵なイラストが目印です(*^_^*)

でもってお約束のSSです。

『天使の嘘』  Ghost Note  ←こちらのNovelsからどうぞ。

本編の半年後の話で、一恒目線です。
いつものように盛大にネタバレしております。
本編をご覧になってからどうぞ。

本格的に寒くなってきましたね。
私は〝人をダメにする毛布〟にくるまり、日々ダメ度を増しております。
寒くなると心も寒くなるから。
せめて背中だけでもあたたかくしていたい……です。

拍手、いつもありがとうございます。
【2014/12/15 Mon】 | お知らせ | ↑PageTop
御礼。
読者さんから編集部経由でクリスマスカードをいただきました。
素敵なカードとメッセージ、とっても嬉しかったです。
本当に本当にありがとうございました<(_ _)>
シンプルなデザインが、今手がけている話のイメージにぴったりで、
テンションが上がりました。
お返事、もう少しお待ちくださいね。

というわけで初稿に入っております。
今年はこの話と一緒に年を越すことになりそうです。
年末年始に原稿抱えていると結構大変なのですが、
大掃除をしない言い訳になるので……(こらっ)
頑張ります。

いつも拍手ありがとうございます。
励まされています。
【2014/12/10 Wed】 | つぶやき | ↑PageTop
メーデー
『海に天使がいるならば』の著者校正をしている間、
頭の中をずっとBUMP OF CHICKENの「メーデー」がぐるぐるしていました。
気がつくと口ずさんでいて、無意識だったんですけど、なんだろうと。
で、ある日、ああ歌詞の内容かと気づきました。

響く救難信号 深い心の片隅
こんなところにいたの 傍においで 逃げなくていいよ

『海に天使がいるならば』は確かにそんな話です。
BUMP OF CHICKENの世界、ほんとに好き。

寒くなってきた途端、喉が痛い。
風邪かなあ。
みなさまもお気を付けください。

拍手ありがとうございます。お返事です。

>> 続きを読む
【2014/12/04 Thu】 | つぶやき | ↑PageTop

プロフィール

安曇ひかる

Author:安曇ひかる

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索


| HOME |